大河ドラマ「麒麟がくる」

第二十話: 福知山城

桶狭間の戦いに向けて、一気に加速するような回でしたね。 さて、今週の舞台は、ドラマ中「左馬助!」と呼ばれていた、明智秀満(左馬助)が城代を務めた、福知山城です。 天正7年(1579年)に丹波を平定した明智光秀が築城した後、光秀が初代城主に、光秀の甥にあたる明智秀満が城代として置かれました。 明治のはじめに取り壊され、石垣と銅門番所だけが残っていましたが、昭和61年に天守閣が復元されており、明智光秀が築いた城の中で、唯一天守閣がある城です。

大河ドラマ館マップ