明智光秀ゆかりの地

大津

大津城跡

大坂城を拠点とした豊臣秀吉は、北陸・東国からの物流において中継地となる大津を重要視し、1586年(天正14年)、光秀の討死後に再建された坂本城を廃城として大津へ城を移しました。大津城の築城には、坂本城の資材が使われたとされています。秀吉は、大津城を中心とし、大津に船を集め「大津百艘船(おおつひゃくそうせん)」と呼ばれる船持仲間を組織させ、びわ湖の水運を支配下に治めました。この政策により、大津は港町として発展を遂げていきました。関ヶ原の合戦後、大津城は廃城となり、その資材は彦根城や膳所城に移され、その遺構はほとんど見ることができませんが、今でも大津には港があり、びわ湖を周遊する観光船が運行しています。

住所 滋賀県大津市浜大津5丁目
アクセス ■電車 京阪「びわ湖浜大津」駅すぐ
お問い合わせ 大津駅観光案内所
電話番号 077-522-3830