明智光秀ゆかりの地

亀岡

神尾山城跡(金輪寺)

戦国時代には守護細川氏と対立した柳沢賢治や波多野氏も籠城したといわれる堅固な城である。明智光秀が天正年間に八上城を攻める際に中継地として使われたといわれる。金輪寺境内の上には、神尾山城の石垣が残り、戦国時代の雰囲気を今に伝えている。

住所 京都府亀岡市宮前町宮川神尾山3
アクセス 亀岡ICから車で約25分
お問い合わせ 亀岡市文化資料館
電話番号 0771-22-0599