明智光秀ゆかりの地

亀岡

老ノ坂

丹波国と京都を行き来するのに使われた道。 多くは桂川を渡らずに山崎や淀へ行くのに使われるが、明智光秀は本能寺の変のとき、山崎に向かわずあえて桂川を越えて京都市内へ向かったとされる。丹波国と山城国の国境付近には、国境を示す道標が今も残っている。

住所 亀岡市篠町
アクセス JR馬堀駅から徒歩で約1時間20分
お問い合わせ JR亀岡駅観光案内所
電話番号 0771-22-0691