明智光秀ゆかりの地

大津

宇佐山城跡

元亀元年(1570)、浅井・朝倉連合軍の南進に備えるべく、織田信長に命じられ森可成(蘭丸の父)が築きました。志賀の陣で敗死した森可成に代わり、明智光秀が当城に入ったといわれています。近江神宮の背後にある宇佐山(標高336メートル)の頂上に位置し、城跡には背の高い石垣が残っています。城跡からは、びわ湖や湖西の平野が一望でき、要衝の地であったことがわかります。

住所 滋賀県大津市南滋賀町
アクセス ■電車京阪「近江神宮前」駅より宇佐八幡宮経由徒歩40分※宇佐八幡宮より比高100m